告示発表後、当該日本語学校に受け入れる生徒を募集し、選考することとなりますが、入学者の募集及び選考に際して必要なことは、以下のようになります。

入学者の募集

入学者の募集に当たり、入学を希望する者(以下「入学希望者」という。)に対し、次の事項に関する情報の提供を、適切な方法により正確かつ確実に行い、かつ、提供した情報及びその提供方法に係る記録を、書面又は電磁的記録をもって、募集に係る修業期間の始期から少なくとも3年を経過するまで保存しなければなりません。
① 教育課程の種類及び内容
② 入学金、授業料、教材費その他名目のいかんを問わず入学することにより生徒が支払うこととなる料金の費目及び額並びにその支払時期,支払方法及び払戻し条件
③ 校舎の所在地、概要及び立地条件
④ 沿革及び実績
⑤ 設置者及び校長の概要
⑥ 入学の条件及び入学者の選考方法
⑦ 寄宿舎の有無並びにその概要及び利用料
⑧ 在籍中の就労は、原則として週28時間(学則で定める長期休業期間中は,1日8時間)の範囲内で、地方入国管理局長の許可を受けた場合に限って許されること。
⑨ 在学中の一般的な生活費用その他入学希望者の参考となる事項

入学者の選考

① 入学者の選考に当たり、入学希望者が日本語教育を受ける方として適当と認められること及び経費支弁能力を有することを適切な方法で確認することとしていること。
② 入学者の選考に当たり、入学希望者が仲介者その他の留学の準備に関与する方(以下「仲介者等」という。)に支払い又は支払うことを約束した金銭の名目及び額を適切な方法により把握し、記録することとしていること。
③ 不適切な仲介者等が関与している場合には、その入学希望者の入学を認めないこととしていること。
④ 入学を申請した者から提出を受けた書類、②の記録、入学者の選考のために行った試験、面接、調査等の記録その他入学者の選考の過程を明らかにする記録を、書面又は電磁的記録をもって、申請に係る修業期間の始期から少なくとも3年を経過するまで保存することとしていること。